2005年08月01日

使い道とスペックについて考える <2.何ができるか、何をするか>

売約済みだった「富士通 FMV C/40L(改)」は無事納品になりました。
「何ができるか」という面から見れば、ワープロ代わりにするとか表計算ソフトで事務処理をするくらいなら充分実用になります。欲を言えばもう少しメモリを増やしてやりたいところですが、実のところWindowsXPは画面の設定しだいで反応速度が結構変化します。いわゆる「かっこいい」系の効果を解除してやれば現状のハードウェア構成のままでもそこそこ活躍してくれるはずです。

細かな仕様についてのウンチクは置いておいて、本機に於ける
CPU:Cell533・メインメモリ128MB
という基本スペックは、WindowsXPを標準設定のままで快適にお仕事をするには割とボーダーラインに近かったりします。ただ、このくらいのパソコンでもデジカメ写真を取り込んで加工して印刷したり、ペンタブレットをつないで水彩・油彩調のお絵かきを楽しんだりすることが可能なのは経験的に理解しています。
 最新型とは比べるべくもありませんし、欲を言い始めたらキリがありません。パソコンを購入されるまでは、懐具合とご相談といったところでしょうか。

 購入されてからは、「じゃあ、何をしようか?」という話になることが多いでしょう。実際の話、パソコン側の能力と予算が許す範囲に限られますが追加装備を増やしていってやれば、実にいろんなことができるようになります。ただし、割に合うかどうかとか、使い勝手がよいかどうかということはまったく別の問題ですのでご注意下さい。

 誤解を恐れずに言い切ってしまえば、資材・機材にしても人材にしても「如何に上手に使っていくか」ということでしかないのですから。
posted by 寒鰤庵 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒鰤庵レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。